不動産物件売買に必要な書類について

不動産物件は、土地でも建物でも、登記簿に権利者が公示されています。この記載があることで、第三者に所有権を対抗することができるようになります。したがって、購入した後は速やかに登記を移転してもらう必要があります。この時に、法律上は共同で申請することとなっていますが、実務では売る側は委任状を購入者に渡して、購入者がすべて行うのが通常です。この時に必要な書類は委任状の他に、登記済み証や印鑑証明書、固定資産税証明書などです。

Copyright ©All rights reserved.不動産物件を買う場合に知っておきたいこと.