不動産物件を買う場合に知っておきたいこと

不動産物件、特に一戸建て住宅やマンションを始めて購入する場合に知っておきコトのひとつに仲介手数料があります。仲介手数料とは、不動産会社に支払う手数料のことを意味します。普通、不動産物件を紹介してくれるのは不動産会社のはずです。不動産会社は不動産物件を売主に代わって紹介することで利益を出しているのです。その利益が仲介手数料なのです。仲介手数料は、不動産会社が売主の代わりに建物や土地を紹介したり、売買契約成立のための書類などをそろえたり公の機関に提出したりすることの手数料としてもらうものになります。 仲介手数料は通常物件販売価格×0.03+6万円×消費税になります。不動産物件の売買の時には仲介手数料を払わなければなりませんが、100万円前後するためできれば仲介手数料を支払わずに売買をしたいと考える人も多いのではないでしょうか。実は、仲介手数料を支払わなくても不動産売買をすることができるのです。それは不動産会社を仲介させなければいいのです。あくまで不動産会社を通さずに個人間の売買としておこなえば、仲介手数料はかかりません。ただし、この時には個人ですべての手続きを行わなければならないことや、売り主を見つける手間などがあります。

山科 不動産 3062

Copyright ©All rights reserved.不動産物件を買う場合に知っておきたいこと.